リサイクルトナー情報サイト

廃車の行く末は一体どうなるのか?

廃車は登録抹消手続きをする事により廃車になります。廃車になった後は一体どうなってしまうのでしょうか?皆さんは知っていますか?知っている人も中にはいると思いますが、口を出さずに大目に見つつこのページを見ていって下さいね。

廃車手続きをして廃車になった車達は、基本的にはリサイクルされます。車の部品やフレームになっている鉄やアルミなどは溶かされ、また新たな車や家電製品として生まれ変わります。しかし、そうでない車達も中にはあります。もう使わない車なのですからリサイクルした方が良い、そう思っている人も多いことでしょう。しかし、どうして廃車になってもリサイクルに出されないのでしょうか?それは、部品取り車として利用されるからです。廃車になった車達の中には、もうメーカーでさえ生産していない部品も沢山あります。勿論古かったり、人気がなかったりと、生産されなくなった理由は沢山あります。そういった車などはしっかりと部品取り車として残されているというわけです。例を挙げると、日産のシルビアやホンダのインテグラ、トヨタのハチロクなどが部品取り車としてよく置かれていたりしますね。こういった車は古くても人気がある為、車のフレームからフルレストア(修復)して乗る人などもいるようです。廃車になった車でもこうやって色々と活躍できるというわけです。しかし、こういった廃車の手続きをしないまま放置車両となっている車も沢山あります。そういった車などが増えてくると、環境的にも良い物ではありません。皆さんはどうかそういったことをせずにしっかりと廃車の買取を行って下さいね!

recommend

バイクの高額査定なら